レシピブックTVでは、料理家、シェフがつくるプロの料理レシピ動画を「無料」で見ることができます。

詳しいレシピやその他のレシピを知りたいひとは、 iPhone、iPadアプリの「レシピブック」をダウンロードしてください。

アプリのDLはこちらから(iPhoneiPadで限定配信中です)
https://itunes.apple.com/jp/app/id907357835?mt=8


基本のおせち

今回は「黒豆」の作り方を紹介します。 黒い色は昔から「魔よけ」の意味があります。また「まめ」に働いて暮らせるようにという意味が込められています。とろ火でじっくりとあせらず時間をかけて煮ることがふっくら仕上がるポイント。 

「伊達巻」の作り方を紹介します。 伊達巻きの「伊達」は華やかさ、おしゃれさを表します。巻物のような形から、「学問や文化」など教養を身に着ける願いが込められています。しっかりとした茶色の焦げ色をつけることで、綺麗な仕上がりになります。 

「養老海老」の作り方を紹介します。 えびの腰が曲がったところから「長寿」を連想させるので「養老」という名前がつきました。車エビじゃなくても大丈夫ですが縁起よく有頭えびをつかってつくりましょう! 

「栗きんとん」の作り方を紹介します。 栗きんとんの色は黄金色に輝く「財宝」を連想させ、商売繁盛、財運をもたらす意味があります。今回はくちなしを入れずに仕上げました。しっかりと水につけてアクをぬくのが、綺麗な色に仕上げるポイントです。 

「かまぼこ」の作り方を紹介します。 紅白はお祝いの色です。紅はめでたさ、白は神聖な意味を表します。 普段から食べているかまぼこも切り方ひとつで華やかなものになります。

ボウルでかんたん 心ときめくドームケーキ DOME CAKES.
ボウルでかんたんに作れるドームケーキ。プロのお菓子研究家「福田淳子」が作るドームケーキレシピを紹介!

 かわいらしいイチゴとラズベリーのドームケーキ。中身はフルーツがぎゅっと詰まっています。 たっぷりの甘いクリームに、程よい酸味が絶品です!

チョコレートクリームたっぷりのドームケーキ。濃厚なクリームとバナナの相性は抜群! 子供から大人まで、みんなが大好きな味わいです。


Hello, kale days.
実は色々な料理に使えるケール。「HELLO, KALE DAYS.」 では、プロの料理家が作るケールレシピを紹介!

今回は、ケールを使ったシーザーサラダをご紹介します。焼いたバゲットと、クリーミーなシーザドレッシングをあわせたボリュームたっぷりの1­品です。電子レンジで作る簡単ポーチドエッグを添えると一気に豪華感が増します。 

今回は、ケールとカシューナッツのジェノベーゼをご紹介します。目にも鮮やかなグリーンのパスタ。ケールとバジルがお互いの美味しさを引き立てます。ナッツ類の間でも脂肪分が少なく、栄養素をバランスよく含むカシューナッツを入れることで、濃厚でまろやかな味わいに。

今回は、ケールハンバーグ ゴルゴンゾーラソースをご紹介します。ケールをたっぷり入れたハンバーグは、濃い目のソースがよく合います。卵を使わず片栗粉をつなぎに使い、蒸し焼きにして仕上げます。


梶山葉月の伝えていきたい基本の和食

余った出汁は密閉容器に入れて冷蔵庫で3日、冷凍庫で1週間程度で使い切りましょう。だしがらは、冷凍庫にためておき、ふりかけや佃煮、あえものなどに再利用しましょう。 

普段より美味しく炊ける「土鍋ご飯の炊き方」をご紹介します。あまり教わらない研ぎ方も丁寧に解説しております。土鍋を使ってご飯を炊くことで、粘りがあってフックラとしたご飯に炊き上がりますので、ぜひ試してみてください.

とろとろでとっても美味しい「茶碗蒸し」の作り方をご紹介いたします。ポイントは、卵とだし汁を1:3の割合にすることです。そうすることにより、とろとろの茶碗蒸しが作れます。 

「揚げ出し豆腐」の作り方をご紹介いたします。 ポイントはしっかりと水分を抜くことです。揚げやすくなり、外はカリッと、中はふんわりとした揚げ出しをつくることができます。


KEITA流 失敗しないイタリアン

「クレーマ コッタ」をご紹介いたします。 イタリアの牛乳プリンです。ふんわりとやさしい食感です。

「豚ヒレ肉のカツレツ」をご紹介いたします。 本来は骨付き仔牛肉を使いますが、柔らかい触感が似ている豚のヒレ肉でアレンジしました。サクサクの衣と柔らかいお肉がとっても美味しい一品です。

「リングイネ 海老のトマトクリームソース」をご紹介いたします。 人気のトマトクリーム。海老の殻などを炒めて出汁をとることで、ソースに海老の旨味と香ばしさを加えます。海老以外の魚介でも美味しくできます。 

「ペペロンチーノ」をご紹介いたします。 一番シンプルなパスタです。パン粉を使うことで乳化がしやすくなり、絶対に失敗しません。

「海老の冷製パスタ」をご紹介いたします。 お刺身用の海老をたっぷりと使用した冷たいパスタです。味の決め手は、海老の頭などから取った出汁。これからの時期にぴったりな一皿です。

「冷たいとうもろこしのズッパ」をご紹介いたします。 とうもろこしを丸ごと使い、自然な甘味をたっぷりと引き出します。濃厚で冷たいスープです。 

「ヘサルティンボッカ」をご紹介いたします。 本来は仔牛肉を使うメイン料理ですが、手に入りやすい豚肉で代用しました。しっとりとした豚肉と、白ワインベースのソースが絶品です。

「ペンネ アラビアータ」をご紹介いたします。 辛みを効かせたトマトソースのパスタです。辛さは唐辛子の量で調節してください。

「バーニャカウダソース」をご紹介いたします。 野菜をたっぷり食べれる、イタリアンの前菜です。にんにくの香りをしっかりと取ることで、まろやかな味わいになります。

「トマトのブルスケッタ」をご紹介いたします。 イタリア定番の前菜です。トマトとバジルの組み合わせが、さっぱりとした一品です。

「クスクス 魚介のカレー風味」をご紹介いたします。 世界最小のパスタ"クスクス"をスパイスをきかせた魚介の煮込みと合わせました。食欲が落ちてしまいがちな蒸し暑い時期にもおすすめです。 

手順さえ押さえれば絶対失敗しない!「パスタ カルボナーラ」の作り方を紹介します。失敗してしまうという人が多いカルボナーラですがポイントをおさえれば絶対に失敗せずにレストランのように美味しくできます。

 

プリンよりも簡単に作れる「はちみつのクレームブリュレ」の作り方お砂糖の代わりにはちみつを入れることで、普段と少し違う風味にしました。プリンよりも簡単にできるのでおすすめです。

→もっとみる


小川奈々の「私の星付きビストロレシピ」

今回は、「チキンとアーモンドのパネ(衣揚げ) 焦がし醤油の風味」の作り方を紹介します。アーモンドが香ばしい、さくさくの衣揚げです。ボリューム感のある一品です。

今回は、「いちじくと生ハムの醤油ヴィネグレット」の作り方を紹介します。醤油ベースのヴィネグレットソースがポイントです。

今回は、「アールグレイと梨のジュレ」の作り方を紹介します。アールグレイが香る、梨の果肉がたっぷり入った秋らしいスイーツです。

「桃と生ハムの冷製スープ」の作り方を紹介します。フランスらしい、桃と生ハムの組み合わせ。

「ピサラディエール」の作り方を紹介します。南仏の郷土料理。手軽にできる上に、華やかな見た目でパーティーにもおすすめ。

2016年5月に発売された「パリの有名レストランを巡って辿りついた、私の星付きビストロレシピ」(www.amazon.co.jp/dp/4416516541)の中から、さっぱりとしていて夏にピッタリな「セルヴェルドカニュ」の作り方をご紹介します。食の都リヨンの郷土料理で、訳は「絹織職人の脳みそ」さっぱりとしていて、夏のアペリティフにおすすめ。

2016年5月に発売された「パリの有名レストランを巡って辿りついた、私の星付きビストロレシピ」(www.amazon.co.jp/dp/4416516541)の中から、おもてなしにもぴったりのフランスの家庭料理「トマト・ファルシ」の作り方をご紹介します。フランスの可愛いお惣菜、トマトの肉詰めです。

2016年5月に発売された「パリの有名レストランを巡って辿りついた、私の星付きビストロレシピ(http://www.amazon.co.jp/dp/4416516541)の中から、 これからの暑い夏にもオススメのデザート、バジルを使った爽やかな「グレープフルーツのジュレ」の作り方をご紹介します。

 

「焼きトウモロコシと豆腐の冷製スープ」の作り方を紹介します。焼きトウモロコシの香ばしさが決め手の夏のひんやりスープです。 


梶山葉月の伝えていきたい日本の郷土料理

きりたんぽという名前はたんぽ槍に由来します。稽古用槍の先に綿をまるめて布を巻いた様子とご飯を杉の棒につけた様子がにていることからたんぽという名前がつき、それを切って鍋にいれるから『きりたんぽ』という。

福島県の郷土料理で自給自足の時代に家にある食材で、お餅をよりおいしく食べるための生活の知恵として誕生しました。少なくとも80年前には既に郡山市西部を中心に食べられていたと言われています。

富山のぶりは、「氷見の寒ブリ」というブランドがあり、全国的にも有名です。富山の一部地域では、嫁ぎ先にぶりを贈る風習があります。ぶり大根は冬が旬の郷土料理として、今では全国各地でよく食べられています