塩数の子の下処理

塩抜きの際に水ではなく塩水を使うことで、浸透圧が働き塩が抜けやすくなります。

材料 3本分

  • 塩数の子 3本
  • 塩 小さじ1
  • 水 1000ml
  1.  ボウルに水と塩を入れ、塩数の子を入れる。  ※数の子が浸かっている状態になるよう、水の量を調整します。塩分濃度は5%程度が目安です。

1. ボウルに水と塩を入れ、塩数の子を入れる。

※数の子が浸かっている状態になるよう、水の量を調整します。塩分濃度は5%程度が目安です。

  2.  約3〜4時間毎に塩水を交換し、半日程塩抜きをする。少しちぎって食べ、程よい塩分になったら塩水からあげる。  ※水に塩を入れることで浸透圧がはたらき、塩がぬけやすくなる。塩を抜きすぎると、えぐみや苦味が出てします。

2. 約3〜4時間毎に塩水を交換し、半日程塩抜きをする。少しちぎって食べ、程よい塩分になったら塩水からあげる。

※水に塩を入れることで浸透圧がはたらき、塩がぬけやすくなる。塩を抜きすぎると、えぐみや苦味が出てします。

  3.  塩抜きが完了したら、薄皮をむいて食べやすい大きさに切る。  ※ペーパー等を使うと、薄皮がむきやすくなる。

3. 塩抜きが完了したら、薄皮をむいて食べやすい大きさに切る。

※ペーパー等を使うと、薄皮がむきやすくなる。

7.png
 

関連レシピ