黒豆

黒い色は昔から「魔よけ」の意味があります。また「まめ」に働いて暮らせるようにという意味が込められています。とろ火でじっくりとあせらず時間をかけて煮ることがふっくら仕上がるポイント。

材料 2〜4人分

  • 黒豆 250g
  • 三温糖 250g
  • しょうゆ 大さじ1
  • 水 1500ml
1. 黒豆を流水でさっと洗い、ざるにあげる。 ※皮が破けていたり割れているものは除いておきます。

1. 黒豆を流水でさっと洗い、ざるにあげる。

※皮が破けていたり割れているものは除いておきます。

2. 鍋に水と全ての調味料を入れ、一煮立ちさせたら火を止め、黒豆を入れる。 ※三温糖を使うことで、コクが出ます。

2. 鍋に水と全ての調味料を入れ、一煮立ちさせたら火を止め、黒豆を入れる。

※三温糖を使うことで、コクが出ます。

3. 豆が浮き上がってくるのを防ぐため、キッチンペーパーをかけて、鍋のまま常温で一晩置く。 ※落とし蓋とペーパーで二重に蓋をすることで乾燥を防ぎ、豆のシワが寄りにくくなります。長時間煮るので、丈夫なオーブンペーパーを使うことをおすすめします。

3. 豆が浮き上がってくるのを防ぐため、キッチンペーパーをかけて、鍋のまま常温で一晩置く。

※落とし蓋とペーパーで二重に蓋をすることで乾燥を防ぎ、豆のシワが寄りにくくなります。長時間煮るので、丈夫なオーブンペーパーを使うことをおすすめします。

4. 翌日、キッチンペーパーをとり、鍋を強火にかけ、灰汁(アク)が出てきたら丁寧に取り除く。 ※常に豆が煮汁に浸かって、ひたひたの状態を保って煮るのが、きれいに仕上げるポイントです。豆がぐらぐらと踊らないようにゆっくりした火加減になるよう心がけしましょう。

4. 翌日、キッチンペーパーをとり、鍋を強火にかけ、灰汁(アク)が出てきたら丁寧に取り除く。

※常に豆が煮汁に浸かって、ひたひたの状態を保って煮るのが、きれいに仕上げるポイントです。豆がぐらぐらと踊らないようにゆっくりした火加減になるよう心がけしましょう。

 
5. 灰汁を取ったらごく弱火にして、丸く切ったオーブンペーパーを乗せ、2重に落とし蓋をして5時間〜8時間程度煮る。

5. 灰汁を取ったらごく弱火にして、丸く切ったオーブンペーパーを乗せ、2重に落とし蓋をして5時間〜8時間程度煮る。

6. 豆を一粒取り出し、親指と小指で簡単に潰せる位に柔らかくなったら、できあがり。

6. 豆を一粒取り出し、親指と小指で簡単に潰せる位に柔らかくなったら、できあがり。

7. 蓋つきの保存容器に移して、豆が煮汁に浸っている状態で冷蔵庫で保存する。

7. 蓋つきの保存容器に移して、豆が煮汁に浸っている状態で冷蔵庫で保存する。

7.png
 

関連レシピ