伊達巻

伊達巻きの「伊達」は華やかさ、おしゃれさを表します。巻物のような形から、「学問や文化」など教養を身に着ける願いが込められています。しっかりとした茶色の焦げ色をつけることで、綺麗な仕上がりになります。

材料 1本分

  • 卵 5個
  • はんぺん 100g
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • はちみつ 大さじ1
  • サラダ油 小さじ2
1. はんぺんを1cm角程度に細かく切る。

1. はんぺんを1cm角程度に細かく切る。

2. ミキサー(またはフードプロセッサー)に材料を全て入れ、生地がよく混ざったら、一旦漉し器(またはざる)でボウルに漉(こ)し入れる。 ※ミキサーで混ぜることでふんわりした焼き上がりになるので、混ぜたらすぐに焼きましょう。漉すことで生地がなめらかになり、口辺りがよくなります。

2. ミキサー(またはフードプロセッサー)に材料を全て入れ、生地がよく混ざったら、一旦漉し器(またはざる)でボウルに漉(こ)し入れる。

※ミキサーで混ぜることでふんわりした焼き上がりになるので、混ぜたらすぐに焼きましょう。漉すことで生地がなめらかになり、口辺りがよくなります。

3. フライパンにサラダ油を入れてよく馴染ませ、充分に熱する。濡れた布巾の上で一旦冷まし、2の生地を全量入れてごく弱火にかけ、蓋をして15分程度焼く。

3. フライパンにサラダ油を入れてよく馴染ませ、充分に熱する。濡れた布巾の上で一旦冷まし、2の生地を全量入れてごく弱火にかけ、蓋をして15分程度焼く。

4. 15分経ったら、大きめのお皿などに生地をひっくり返し、もう片面を2分程度焼く。

4. 15分経ったら、大きめのお皿などに生地をひっくり返し、もう片面を2分程度焼く。

 
5. 焼きあがった生地を、皿もしくはまな板の上に返し(焼き目のついた面を下になるように)、左右2.5cm幅を包丁で落としたら、手前から奥にかけて横向きに5mm程度の浅い切り込みを2cm間隔で入れる。 ※生地の内側に予め切り込みを入れることで、巻きやすくなります。

5.

焼きあがった生地を、皿もしくはまな板の上に返し(焼き目のついた面を下になるように)、左右2.5cm幅を包丁で落としたら、手前から奥にかけて横向きに5mm程度の浅い切り込みを2cm間隔で入れる。

※生地の内側に予め切り込みを入れることで、巻きやすくなります。

6. 5で切った生地の端をそれぞれ2等分し、生地の中央より少し手前に棒状に並べて芯にする。鬼すだれの上に生地を乗せ、芯を抑えながら手前からしっかり巻いていく。 ※生地が温かいうちに、手早く巻き終わりましょう。

6. 5で切った生地の端をそれぞれ2等分し、生地の中央より少し手前に棒状に並べて芯にする。鬼すだれの上に生地を乗せ、芯を抑えながら手前からしっかり巻いていく。

※生地が温かいうちに、手早く巻き終わりましょう。

7. 巻き終わったら、鬼すだれの3箇所を均等に輪ゴムで留め、皿の上に立てた状態で粗熱を取り、冷ます。

7. 巻き終わったら、鬼すだれの3箇所を均等に輪ゴムで留め、皿の上に立てた状態で粗熱を取り、冷ます。

8. 冷めたらゆっくり鬼すだれを外し、巻き終わりを下にしてラップで巻き、保存容器に入れ、冷蔵庫で保存する。 ※翌日以降は、味が馴染んでさらに美味しくなります。

8. 冷めたらゆっくり鬼すだれを外し、巻き終わりを下にしてラップで巻き、保存容器に入れ、冷蔵庫で保存する。

※翌日以降は、味が馴染んでさらに美味しくなります。

 

関連レシピ